代表挨拶

弊社は、2002年に設計者や工事管理者等の派遣業務を中心とした、
人材派遣会社としてスタートいたしました。
しかし企業として成長を目指す上で、自社の設計部門を持ち、
社会へ貢献してゆくことが必要であると感じ、
業務の主軸を設備設計・監理へシフトしてまいりました。

近年、私たちを取り巻く環境の変化は目まぐるしく、
設備設計に要求される課題も大きく移り変わってきました。
新築から、既存建築物の長寿命化を図る改修へと移行するとともに、
設備システムの性能向上や多様化により、専門色が強くなってきたことから、
ますます設備の重要性が増してきたものだと考えております。

設計の本質とは、お客様の想いに寄り添い、意匠・構造・設備のそれぞれの分野における
知識・技術そして経験を一つに集約し、具現化するものだと思っております。
設備は建物内の快適性を左右する重要な要素になるため、
設備に特化した設計事務所としてのスキルを発揮し、
設備サイドの視点から、お客様の想いに対する最良な提案を行ってまいります。
それが、人と人との繋がりをもたらし、我々の成長に繋がると信じております。

これからも私たちは、「人と人の繋がり」を大切に、その想いを現実化できる企業を目指し、
社員一人一人の感性を磨き続けられる技術者集団でありたいと思っております。
これまで弊社を支えてくださった多くの皆さまに深く感謝申し上げると共に、
今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役
代表取締役 吉田 昌

吉田 昌 プロフィールイメージ

代表取締役 吉田 昌

1969年生まれ、岩手県出身。
日本大学在学中に、電気設備設計事務所のアルバイトを始める。アルバイト先の所長から「設備設計は近い将来、高い需要が得られる職業になる」という言葉もあり、設備設計を生涯の仕事とすることを決意する。大学を中退し、設備設計事務所へ入社。
2002年に設備設計事務所「アーキビルド」を設立し、現在に至る。